夜行バス予約サイト☆新宿~名古屋

alt_1

TOP > 夜行バス情報!新宿~名古屋編 > 夜行バスで新宿と名古屋を結ぶ場合の特徴

夜行バスで新宿と名古屋を結ぶ場合の特徴

日本には、様々な夜行バスが存在しています。
夜行バスが増えた理由は、バス会社の規制が撤廃されたからです。
これは2000年の初めごろに撤廃されたもので、多くのバス外車が参入するに至りました。
特に高速バスや夜行バスは非常に需要が高く、バス外車も様々なプランで他の会社に対抗しようとしています。
中でも重要な経路は、東海道です。
東海道は東京と大阪を結ぶ道ですが、大阪までいかず京都や名古屋で降りても東海道を使うことになるでしょう。
夜間に走っているバスは、東京発の場合新宿駅を出発するバスが多いです。
例えば、東海道ならば新宿発の名古屋到着のバスもいくつかあります。
これを利用する場合には、事前に料金を確認しておきたいところです。
少なくとも新幹線で行くよりも安く到着できるのが特徴です。


名古屋を出発したバスや新宿を出発したバスは、現地に到着するまでそれほど時間がありません。
例えばこれが東京と大阪を結ぶ便ならば8時間から9時間位の時間がかかるため、夜の10時出発でも翌朝の6時から7時位まで到着することはありません。
しかし名古屋の場合には、もう少し距離が短いため、5時間程度で到着してしまいます。
この場合、夜中の0時を過ぎてしまうとそもそも夜行バスとして認められないためたいていは11時台に出発することになっています。
微妙な時間として11時58分出発のバスが世の中にはたくさんあるでしょう。
このように、日付が変わるかどうか位のタイミングを狙って出発し、途中ゆっくり休憩をして現地に到着するのは朝の5時台になります。
5時台ならば、列車も走っているためバスが駅前に到着してもそれほど不便を感じる事はありません。


夜の間にバスに乗るときには、どのようなグッズを用意しておいたらよいでしょうか。
基本的に、アルコールが持ち込める場合にはアルコールを持ち込んでおいた方が良いかもしれません。
すぐ眠れない人は、アルコールの力をかいて眠ることも可能になります。
しかし、それでも眠ることができない場合もありますので、快眠グッズを所有してみましょう。
快眠グッズとは、眠るのに必要なグッズになります。
例えば、空気を入れて膨らませる枕などは、椅子でしか眠ることができないバスの中では非常に有利です。
うまく使いこなすことができれば、それだけで熟睡することができるかもしれません。
これに対して、アイマスクなども忘れてはいけないものの1つになります。
さらに耳栓をすれば音もシャットダウンできるため完全にひとりでいるのと何ら変わりがありません。

次の記事へ

ページトップへ